吉野作造記念館デジタルギャラリー

3遺墨-B中国-008

色紙

18×21〈㎝〉

吉野恆子氏寄贈

殷汝驪(柱公)書「気呑雲夢」

殷汝驪(号:柱公、1883~1940)は、日本亡命後の1914年に黄興らと共に欧事研究会を設立した一人。張群などを吉野に紹介しています。中国へ帰国してからは主に財政方面で活躍。「雲夢」とは春秋戦国時代の楚国にあった大きな湖沼を指し、「雲夢」を呑むほどに気勢みなぎるという意味。