​みやぎチャレンジプロジェクト助成事業
NPO法人古川学人 
プロジェクトについて

kyoudou.jpg

下記のメニューの中から、応募内容を選択してください。

 

​第2回 おおさき
芸術コンクール 作品募集

​感染症拡大の影響により、お家で過ごす時間が増えています。また、今まで出来ていたことが出来なくなったり、家にいることで自分の時間が増え、何かできる事が無いかと考えたり・・・。
​芸術コンクールは、皆さん自身が考える「わたしに元気をくれるもの」をテーマに作品を応募してもらい、社会の支援に繋がるチャリティ展覧会を開催します。展覧会最中には募金活動を行い、集まった募金は表彰式の際に大崎市に寄付(感染症対策)をします。

geijyutu-1.jpg

 ​絵画の部
9/20(月)消印有効

kaiga.jpg

テーマ 「わたしに元気をくれるもの」

対 象 大崎市内の小学校・中学校・高校・支援学校に在校する皆さん

応募方法 

❶申込みをする。右記のコードを読んで申込みをしてください。またはチラシ下部の申込み用紙に必要事項を直接記入のうえ、当館までFAX(0229-23-4979)でお送りください。

❷当館からA4画用紙・応募用紙・返信用封筒をお送りします。作画方法は自由(クレヨン、色鉛筆、水彩、版画など)。作品は当館送付のA4画用紙を使用。用紙の向きの指定無し。

❸A4画用紙に作品を描いてください。

❹A4画用紙と応募用紙を返信用封筒に入れ

当館まで郵送してください。

kaiga-QR.png

​申込みフォームはこちら

​ 写真の部
9/20(月)消印有効

sumaho.jpg

テーマ 「わたしに元気をくれるもの」

対 象 大崎市内の小学校・中学校・高校・

        支援学校に在校する皆さん

応募方法 

❶写真を撮る。撮影方法はスマートフォン、デジタルカメラなど。容量は5MB以内、拡張子はJPEG形式。縦・横の向きの指定無し。

 

❷応募する。

右記のコードを読んで応募してください。

データでの応募となります。

印刷は当館が行います。

syashin-QR.png

応募フォームはこちら

【絵画・写真の部共通項目】

絵画の部、写真の部ともに、ぞれぞれ1人1作品の応募となり未発表の作品に限ります。

 

チャリティ展覧会 期間 2021年10月30日(土)―11月28日(日) 会場 吉野作造記念館

表彰式 日時 2021年11月28日(日)14時より  会場 吉野作造記念館

■応募宛先

吉野作造記念館 指定管理者 NPO法人古川学人

〒989-6105 宮城県大崎市古川福沼1-2-3 TEL 0229-23-7100 FAX 0229-23-4979 E-mail yoshino-npo.fg@blue.ocn.ne.jp

 

おおさき作文コンクール 9/10(金)消印有効

(1)募集する作文の分野 募集する作文の分野(次の①・②のいずれか)

  ①私たちが暮らす地域の未来について考えたもの

  ②私たちが暮らす地域の歴史や文化について考えたもの

(2)実数等

  ●高校生の部 400字詰め原稿用紙✕5~6枚

  ●中学生の部 400字詰め原稿用紙✕2~4枚

  ●小学生の部 400字詰め原稿用紙✕1~3枚

(3)書き方

  ◉ 400字詰め原稿用紙を用いて下さい。

  ◉ すべての原稿用紙の余白(右上)に、①氏名、②作文のタイトル、③ページ番号を書いて

   下さい(氏名とタイトルは本文中には書かず、 原稿用紙の1行目から本文を書き始めて下さい)。

  ◉ 作品は必ず自分で書いたもので、未発表のものに限ります。また、応募できるのは1人1作品

   までとします。

■応募方法等

1、下記の申込書に必要事項を記入し作文と一緒に同封し、

  封筒には「作文コンクール応募」と朱書してください。

2、提出は当館まで郵送もしくは持参も可能。

■賞

①小学生・中学生・高校生の各部ごとに

★最優秀賞(1人―賞状、副賞有り)

★優秀賞(2人以内―賞状、副賞有り) ​

 

②全体から(①との重複の場合あり)

★大正デモクラシー賞

<独自の民主主義的な視点で取り組んだ作品>

(1人―賞状、副賞有り)

■結果通知・入賞発表

10月1日(金)郵送、また当館WEBサイトで発表。

​入賞者には、2022年1月29日(土)生誕イベントで表彰式を行います。

また入賞者の氏名・作文タイトルおよび最優秀賞の作文全文は『吉野作造記念館だより』

(2022年4月発行予定)に掲載します。

感染症拡大の状況により事業内容の一部が変更となる場合がありますのでご了承ください。

■応募宛先

吉野作造記念館 指定管理者 NPO法人古川学人

〒989-6105 宮城県大崎市古川福沼1-2-3 TEL 0229-23-7100 FAX 0229-23-4979 E-mail yoshino-npo.fg@blue.ocn.ne.jp

 

テーマ「将来を担う子どもたちの社会性を育てたい」

​私たちが取組むプロジェクトについて      NPO法人古川学人

 近年、学校や家庭だけではなく、地域の中で様々な大人と関わり合いながら、子どもたちの社会性を育むことが必要とされています。そのことは、将来の地域社会の担い手を育て、希薄化が危惧される地域コミュニティを再生することにもつながります。
 本事業は地域の文教施設を活用することで、地域の歴史・文化に根差した総合的な子どもの社会教育拠点を作ります。

博物館施設を子どもの社会教育拠点に
(第2期:令和3年度)
― チャリティ芸術コンクールおよび展覧会の開催

― 作文コンクールの開催
― 選挙に親しんでもらう絵本を活用した児童
  および保護者向け普及啓発

d299ab25ad4d5845274ea33eb977ef21_t.jpg

​子供向け社会教育の拠点

博物館


歴史・文化を学ぶ
社会性を育む

​学校                  家庭

皆様からのご支援のご協力.jpg

本事業は宮城県共同募金会からの助成事業(みやぎチャレンジプロジェクト)として実施するものです。

 

前回の活動報告(第1期:令和2年)

●芸術コンクール テーマ「わたしの大切なもの」

 対象 小学校、中学校、高校、支援学校

 応募締切 令和2年9月30日

 応 募 絵画の部 31点、写真の部 13点

 受賞作 写真の部 3点

       絵画 小学生の部 3点   中学生の部 2点

 チャリティ展覧会 令和2年11月1日~11月29日

 表彰式 令和2年11月22日

●自由研究コンクール

 対象 小学校

 テーマ 自由(興味のあることについて調べる)

 応募締切 令和2年9月30日

 申込 2名(応募 無し)

●家庭で子どもに語り聞かせる

    民主主義教育の教材制作

 絵本制作(令和3年7月刊行予定)

   動画制作(YOUTUBEにて公開しています)

IMG_2160.JPG
P.2~P.3.jpg