第13回 古川・吉野作造ゆかりの場所

4月になり新しいスタッフが加わりましたので、合間を見つけて古川の町中にある吉野作造ゆかりの場所を見て回りました。吉野作造は旧制中学校入学後は古川を離れましたが、市内にはゆかりの場所がいくつかあります。お客様からもそうした質問をよく頂きますので、学芸スタッフとしては把握しておかないとなりません。


◇吉野作造生家跡地(古川十日町)

吉野作造の生家跡地は、現在は小さな公園になっています。「吉野ポケットパーク」などと呼んでいますが、正式には「吉野作造生家跡パーク」と言うようです。

吉野の生家がこの場所にあったのは1908年(明治41)まで。「明治41年の大火」と呼ばれる大火事で家は焼けてしまい、その後吉野の家族は別の場所へ引っ越しています。


公園の奥には、この場所が生家跡であることを記したモニュメント(右写真)があります。









◇瑞川寺(古川三日町)

曹洞宗のお寺で、吉野家のお墓があります。こちらには作造の父・年蔵、母・こう、吉野家を継いだ長姉・しめ、姉婿にあたる和平はじめ、ご本家筋の方がいらっしゃいます。作造や弟・信次は吉野家を継がなかったため、お墓は東京にあります。


◇古川第一小学校

吉野の母校です。校門前には吉野作造を顕彰するパネルと、「頌徳碑」と刻まれた石碑。


この「頌徳碑」は、吉野の小学校時代の恩師・細川松三郎を顕彰するもので、建立者として「門人総代 三浦吉兵衛 吉野作造」と名前があります。三浦吉兵衛は吉野と小学校から大学まで同窓だったドイツ文学者です。


「頌徳碑」の揮毫は吉野の旧制中学校時代の恩師でもある国語学者・大槻文彦によります。吉野の少年時代の充実した教育環境がうかがえます。



記念館のおとなりの荒雄公園では、ソメイヨシノが満開(やや散り始め)です。天気予報では、この週末は天気が良さそうです。お花見日和でしょうか。お花見の方はぜひ吉野記念館にもお立ちより下さい。

最新記事

すべて表示

第33回 年の瀬は慌ただしく…

このコラム、3週間空いてしまいました。年末年始ですので、いろいろ込み入っております。 まずはなにはともあれ企画展。 次回企画展「尚志―東北帝国大学と宮城の高等教育―」は年明け1月12日から開催です。 仙台での学生時代の吉野作造や、東北帝国大学、旧制第二高等学校の歴史を紹介します。記念講座、展示解説会など各種関連行事も用意しております。 今回の企画展では、記念館HPの専用フォームから記念講座・展示解

第27回 高校生デモクラシー塾(大崎高校生ミライカイギ)修了/今週のあれこれ

先週の8日(日)に、「大崎高校生ミライカイギ」として開催していた高校生デモクラシー塾(公益財団法人カメイ社会教育振興財団・助成事業)の今年度最終回がありました。 今年度のこの事業は、高校生がそれぞれの関心に沿って自主的に地域や社会に参加することを目標としたスタートアップ講座(全4回)になりました。大崎市内外から18人が参加してくださり、地域の課題を学んだり、自分の興味関心を突き詰めてそれを他の参加

第24回 陶芸体験付きバスツアー「切込焼の歴史と魅力」(ご案内)

新しい事業のご案内です。 最近、資料調査や資料保存のお仕事で、おとなりの加美町に行くことが増えました。その関係のご縁でつながった企画です。バスツアーで加美町の伝統工芸・切込焼(きりごめやき)の里を訪ねます。 切込焼は江戸後期~明治初めまで、現在の加美町で作られていた陶磁器です。歴史的にはまだ分かっていないことも多くいようですが、切込焼記念館の展示では、多くの魅惑的な作品とあわせて最新の調査研究の成

​吉野作造記念館 指定管理者 特定非営利活動法人 古川学人
〒989-6105 宮城県大崎市古川福沼1-2-3 TEL(0229)23-7100 FAX(0229)23-4979 MAIL yoshino-npo.fg@blue.ocn.ne.jp
開館時間 9:00-17:00(会場貸出は21:00まで)
休館日 毎週月曜日(但し、祝祭日の場合は翌日が休館日) 年末年始休館 12/29-1/3 臨時休館 6/2、12/1
常設展観覧料 一般320円〔260円〕、高校生220円〔160円〕、小中学生100円〔80円〕
企画展観覧料 一般500円〔400円〕、高校生300円〔200円〕、小中学生200円〔100円〕 ※〔 〕内は20名様以上の場合の団体割引料金
© Copyright Yoshino Sakuzo Memorial Museum