第18回 常設展示リニューアル

先日6月4日(火)に常設展示資料をリニューアルしましたので、一部をご紹介します。


常設展示入口前のハイケースは、長らく展示していた吉野作造書軸「人世に逆境はない」から、同じく書軸「寛而有制従容以和」に交替。「寛而有制従容以和」の言葉は『書経』君陳篇にある一節で、署名は吉野のペンネーム「古川学人」。自由と秩序を重んじる吉野らしい書です。

なおハイケース下は、鈴木文治宛吉野作造書簡(1899年〈明治32〉7月21日、複製)です。



常設展示室に入って手前にある長ケース。入替前までは「吉野作造と明治文化研究」コーナーでしたが、今回は「吉野作造と故郷の人びと/吉野作造の原稿」コーナーに。郷土関係の資料と、新収蔵の自筆原稿を公開しています。







手前長ケースから。左は佐々木源六宛吉野作造書簡(1926年〈大正15〉 9月27日)。実家を継いだ義兄・和平がお世話になっていますと挨拶する内容。お手紙の宛先になっている佐々木源六は、古川で薬種商を営んでいた人物です。






同じく手前長ケースから、新収蔵の吉野作造自筆原稿「クルランボオ」。雑誌『文化生活』 1922年(大正11)3月に掲載されました。ロマン・ロランの小説「クレランボー」に対する感想を述べたもの。吉野が読んだのは大佛次郎による翻訳です。

なお、このコラム(第8回)でも紹介した自筆原稿「小弱者の意気」「現今労働運動に対する私の立場」も公開しています。


今回は常設展示資料の7~8割ほどを入れ替えました。上記以外にも新しいものをご覧頂けます。もうすぐ梅雨なのでしょうか、天気がはっきりしない日が続きますが、みなさまぜひご来館ください。

最新記事

すべて表示

第33回 年の瀬は慌ただしく…

このコラム、3週間空いてしまいました。年末年始ですので、いろいろ込み入っております。 まずはなにはともあれ企画展。 次回企画展「尚志―東北帝国大学と宮城の高等教育―」は年明け1月12日から開催です。 仙台での学生時代の吉野作造や、東北帝国大学、旧制第二高等学校の歴史を紹介します。記念講座、展示解説会など各種関連行事も用意しております。 今回の企画展では、記念館HPの専用フォームから記念講座・展示解

第28回 韓国副総領事様ご来館/今月中の展示・イベント

企画展「民衆とともに生きる―吉野作造・布施辰治と復興の精神」の開催期間は残り3日間、今週末22日(日)が最終日です。まだご覧になっていない方、ぜひ今週末、吉野作造記念館に足をお運びください。 昨日9月19日(木)は、駐仙台韓国総領事館の李昌勳副総領事がご来館くださいました。 企画展の主人公である布施辰治は、日本人で初めて大韓民国建国勲章を受章するなど、両国の交流史の中でよく知られた人物です。李昌勳

第27回 高校生デモクラシー塾(大崎高校生ミライカイギ)修了/今週のあれこれ

先週の8日(日)に、「大崎高校生ミライカイギ」として開催していた高校生デモクラシー塾(公益財団法人カメイ社会教育振興財団・助成事業)の今年度最終回がありました。 今年度のこの事業は、高校生がそれぞれの関心に沿って自主的に地域や社会に参加することを目標としたスタートアップ講座(全4回)になりました。大崎市内外から18人が参加してくださり、地域の課題を学んだり、自分の興味関心を突き詰めてそれを他の参加

​吉野作造記念館 指定管理者 特定非営利活動法人 古川学人
〒989-6105 宮城県大崎市古川福沼1-2-3 TEL(0229)23-7100 FAX(0229)23-4979 MAIL yoshino-npo.fg@blue.ocn.ne.jp
開館時間 9:00-17:00(会場貸出は21:00まで)
休館日 毎週月曜日(但し、祝祭日の場合は翌日が休館日) 年末年始休館 12/29-1/3 臨時休館 6/2、12/1
常設展観覧料 一般320円〔260円〕、高校生220円〔160円〕、小中学生100円〔80円〕
企画展観覧料 一般500円〔400円〕、高校生300円〔200円〕、小中学生200円〔100円〕 ※〔 〕内は20名様以上の場合の団体割引料金
© Copyright Yoshino Sakuzo Memorial Museum