第19回 前期企画展(7月14日~)予告

7月14日から前期企画展「民衆とともに生きる―吉野作造・布施辰治と復興の精神」を開催します。

展示の主人公は、吉野作造と石巻出身の弁護士・布施辰治。吉野は政治学者として、布施は弁護士として、関東大震災をはじめとするさまざまな場面で、弱い立場の人々に寄り添った活動をしました。

展示の中心になるのは、2011年の震災で大きな被害を受けた石巻文化センターで所蔵されていた布施辰治の関連資料(石巻教育委員会所蔵)です。2011年の震災から8年が経ったこの期に、2人の「みやぎの先人」が示した復興の精神を紹介します。


展示ではさらに、2011年の震災時に、津波で大きな被害を受けながらも新聞の発行を止めず、手書きの壁新聞を発行し続けた石巻日日新聞社の活動も紹介します。展示中ではそのときの6枚の壁新聞(複製)を紹介するほか、7月28日(日)には2011年当時に壁新聞の制作にあたった石巻日日新聞社の平井美智子氏に「東日本大震災を伝える~未来への教訓~」と題したご講演を頂きます。


今年から前期企画展の時期を夏休みと重ねる期間に設定しました。多くの皆さまの来場をお待ちしております。

最新記事

すべて表示

第38回 講座「君たちはどう生きるか」を読んでみよう(展示解説会+講座)

昨日13日は企画展の展示解説会。あらたまって「やります」と告知して解説会をやるのは初めてか、ずいぶん久しぶりかです。(当館ではお声がけ頂ければその場で学芸スタッフが解説させて頂きます。※不在のときもあります) 解説会とあわせて吉野源三郎『君たちはどう生きるか』 を読んでみるミニ講座をしました。最近、マンガ化されたり、映画化されることが話題になりましたね。企画展は戦前の旧制高校を扱っているので、ちょ

第37回 企画展みどころ~東北大学の歴史を知りたい方はこちらへ

今回は企画展「尚志―東北帝国大学と宮城の高等教育」の見所をご紹介。 展示室入り口では、旧制第二高等学校(仙台)の学生が用いたマントと学帽がお出迎え。以下、展示は5パートに分かれます。 1 学生、吉野作造in仙台 2 仙台の第二高等学校 3 仙台の帝国大学 4 日本最初の女性大学生 ~理化学者・黒田チカのあゆみ~ 5 大学生と戦争~そして戦後へ~ 旧制第二高等学校も戦後は東北大学に包摂されますので、

第36回 2020年をチャレンジの年に

2020年が始まりました。今年もよろしくお願いします! 今年はいろいろな新しいチャレンジをする年にしたいと思います。 博物館施設のあり方も時代によって変わります。そして、ちょうど今、分岐点を迎えている時期です。ホントはもう30年近く前から分岐点に立っていたはずなのですが、日本全体で見てもまだ新しいカタチははっきりと見えていないように感じます。 ただ、その地域の市民生活、市民的利益とあらためて結びつ

​吉野作造記念館 指定管理者 特定非営利活動法人 古川学人
〒989-6105 宮城県大崎市古川福沼1-2-3 TEL(0229)23-7100 FAX(0229)23-4979 MAIL yoshino-npo.fg@blue.ocn.ne.jp
開館時間 9:00-17:00(会場貸出は21:00まで)
休館日 毎週月曜日(但し、祝祭日の場合は翌日が休館日) 年末年始休館 12/29-1/3 臨時休館 6/2、12/1
常設展観覧料 一般320円〔260円〕、高校生220円〔160円〕、小中学生100円〔80円〕
企画展観覧料 一般500円〔400円〕、高校生300円〔200円〕、小中学生200円〔100円〕 ※〔 〕内は20名様以上の場合の団体割引料金
© Copyright Yoshino Sakuzo Memorial Museum