第19回 前期企画展(7月14日~)予告

7月14日から前期企画展「民衆とともに生きる―吉野作造・布施辰治と復興の精神」を開催します。

展示の主人公は、吉野作造と石巻出身の弁護士・布施辰治。吉野は政治学者として、布施は弁護士として、関東大震災をはじめとするさまざまな場面で、弱い立場の人々に寄り添った活動をしました。

展示の中心になるのは、2011年の震災で大きな被害を受けた石巻文化センターで所蔵されていた布施辰治の関連資料(石巻教育委員会所蔵)です。2011年の震災から8年が経ったこの期に、2人の「みやぎの先人」が示した復興の精神を紹介します。


展示ではさらに、2011年の震災時に、津波で大きな被害を受けながらも新聞の発行を止めず、手書きの壁新聞を発行し続けた石巻日日新聞社の活動も紹介します。展示中ではそのときの6枚の壁新聞(複製)を紹介するほか、7月28日(日)には2011年当時に壁新聞の制作にあたった石巻日日新聞社の平井美智子氏に「東日本大震災を伝える~未来への教訓~」と題したご講演を頂きます。


今年から前期企画展の時期を夏休みと重ねる期間に設定しました。多くの皆さまの来場をお待ちしております。

​吉野作造記念館 指定管理者 特定非営利活動法人 古川学人
〒989-6105 宮城県大崎市古川福沼1-2-3 TEL(0229)23-7100 FAX(0229)23-4979 MAIL yoshino-npo.fg@blue.ocn.ne.jp
開館時間 9:00-17:00(会場貸出は21:00まで)
休館日 毎週月曜日(但し、祝祭日の場合は翌日が休館日) 年末年始休館 12/29-1/3 臨時休館 6/2、12/1
常設展観覧料 一般320円〔260円〕、高校生220円〔160円〕、小中学生100円〔80円〕
企画展観覧料 一般500円〔400円〕、高校生300円〔200円〕、小中学生200円〔100円〕 ※〔 〕内は20名様以上の場合の団体割引料金
© Copyright Yoshino Sakuzo Memorial Museum