第28回 韓国副総領事様ご来館/今月中の展示・イベント

企画展「民衆とともに生きる―吉野作造・布施辰治と復興の精神」の開催期間は残り3日間、今週末22日(日)が最終日です。まだご覧になっていない方、ぜひ今週末、吉野作造記念館に足をお運びください。

昨日9月19日(木)は、駐仙台韓国総領事館の李昌勳副総領事がご来館くださいました。

企画展の主人公である布施辰治は、日本人で初めて大韓民国建国勲章を受章するなど、両国の交流史の中でよく知られた人物です。李昌勳副総領事には、企画展示から常設展示まで時間をかけてご覧頂き、たいへんありがたい機会になりました。



先週9月15日(日)は、芸術・文化講座「切込焼の歴史と魅力」。切込焼記念館(加美町)の畠山靜子先生にお話頂きました。講座の合間には、切込焼の原材料や、発掘された切込焼に触れる機会も。






再来週の29日(日)には切込焼講座の2回目。バスツアーで切込焼記念館を訪問し、陶芸体験+展示観覧を行います。やはり工芸作品を知るには、実際にたくさん鑑賞するのがいちばんです。


バスツアーの予約まだ受け付けています。15日の初回講座に参加していない方も大歓迎です。詳しくは吉野作造記念館まで。



最新記事

すべて表示

第38回 講座「君たちはどう生きるか」を読んでみよう(展示解説会+講座)

昨日13日は企画展の展示解説会。あらたまって「やります」と告知して解説会をやるのは初めてか、ずいぶん久しぶりかです。(当館ではお声がけ頂ければその場で学芸スタッフが解説させて頂きます。※不在のときもあります) 解説会とあわせて吉野源三郎『君たちはどう生きるか』 を読んでみるミニ講座をしました。最近、マンガ化されたり、映画化されることが話題になりましたね。企画展は戦前の旧制高校を扱っているので、ちょ

第37回 企画展みどころ~東北大学の歴史を知りたい方はこちらへ

今回は企画展「尚志―東北帝国大学と宮城の高等教育」の見所をご紹介。 展示室入り口では、旧制第二高等学校(仙台)の学生が用いたマントと学帽がお出迎え。以下、展示は5パートに分かれます。 1 学生、吉野作造in仙台 2 仙台の第二高等学校 3 仙台の帝国大学 4 日本最初の女性大学生 ~理化学者・黒田チカのあゆみ~ 5 大学生と戦争~そして戦後へ~ 旧制第二高等学校も戦後は東北大学に包摂されますので、

第36回 2020年をチャレンジの年に

2020年が始まりました。今年もよろしくお願いします! 今年はいろいろな新しいチャレンジをする年にしたいと思います。 博物館施設のあり方も時代によって変わります。そして、ちょうど今、分岐点を迎えている時期です。ホントはもう30年近く前から分岐点に立っていたはずなのですが、日本全体で見てもまだ新しいカタチははっきりと見えていないように感じます。 ただ、その地域の市民生活、市民的利益とあらためて結びつ

​吉野作造記念館 指定管理者 特定非営利活動法人 古川学人
〒989-6105 宮城県大崎市古川福沼1-2-3 TEL(0229)23-7100 FAX(0229)23-4979 MAIL yoshino-npo.fg@blue.ocn.ne.jp
開館時間 9:00-17:00(会場貸出は21:00まで)
休館日 毎週月曜日(但し、祝祭日の場合は翌日が休館日) 年末年始休館 12/29-1/3 臨時休館 6/2、12/1
常設展観覧料 一般320円〔260円〕、高校生220円〔160円〕、小中学生100円〔80円〕
企画展観覧料 一般500円〔400円〕、高校生300円〔200円〕、小中学生200円〔100円〕 ※〔 〕内は20名様以上の場合の団体割引料金
© Copyright Yoshino Sakuzo Memorial Museum