第7回 ストックホルム五輪(1912年)と吉野作造

現在放送中の大河ドラマ「いだてん」の新規キャストが発表され、企画展「時代をつくった女性たち」でも紹介している大崎市三本木出身の女性体操教育家・二階堂トクヨのキャストも明らかになりました。企画展の開催期間は3月24日まで。企画展の予習にぜひ当館企画展をご覧下さい。


さて、「いだてん」で描かれているストックホルムオリンピック(1912)。その開催期間中、吉野作造もヨーロッパ留学の真っ最中で、フランスのシュトラスブルグ、ナンシーなどに滞在していました。

7月14日に行われたマラソン競技は記録的な暑さで棄権者が続出したようですが、フランスにいた吉野の日記にも7月11日から7月13日まで「すこぶる暑し」、7月14日には「暑くて堪えられず」とあります。ストックホルムからは2000キロ近く離れていますが、この年は広範囲で暑かったのでしょうか…(?)

暑いといえば、「いだてん」に登場する「天狗倶楽部」という暑苦…元気いっぱいな学生スポーツ団体。その主要メンバーだった中沢臨川(なかざわ・りんせん)は、文芸評論家・工学士の顔を持ち、大正時代には吉野作造が取り組んだ一般国民向けの教育普及事業・大学普及会の同志でもありました。


左の写真は中沢臨川の1周忌(1921年)に制作された団扇で、吉野作造、島崎藤村、田山花袋など交遊のあった人々が署名を寄せたもの(記念館所蔵)。直接ドラマに関わるわけではありませんが、吉野作造も同じ時代を生きていたことが分かります。


*この資料は、「大崎市有形文化財」に指定された「吉野作造関係資料」の1つです。


最新記事

すべて表示

第38回 講座「君たちはどう生きるか」を読んでみよう(展示解説会+講座)

昨日13日は企画展の展示解説会。あらたまって「やります」と告知して解説会をやるのは初めてか、ずいぶん久しぶりかです。(当館ではお声がけ頂ければその場で学芸スタッフが解説させて頂きます。※不在のときもあります) 解説会とあわせて吉野源三郎『君たちはどう生きるか』 を読んでみるミニ講座をしました。最近、マンガ化されたり、映画化されることが話題になりましたね。企画展は戦前の旧制高校を扱っているので、ちょ

第37回 企画展みどころ~東北大学の歴史を知りたい方はこちらへ

今回は企画展「尚志―東北帝国大学と宮城の高等教育」の見所をご紹介。 展示室入り口では、旧制第二高等学校(仙台)の学生が用いたマントと学帽がお出迎え。以下、展示は5パートに分かれます。 1 学生、吉野作造in仙台 2 仙台の第二高等学校 3 仙台の帝国大学 4 日本最初の女性大学生 ~理化学者・黒田チカのあゆみ~ 5 大学生と戦争~そして戦後へ~ 旧制第二高等学校も戦後は東北大学に包摂されますので、

第36回 2020年をチャレンジの年に

2020年が始まりました。今年もよろしくお願いします! 今年はいろいろな新しいチャレンジをする年にしたいと思います。 博物館施設のあり方も時代によって変わります。そして、ちょうど今、分岐点を迎えている時期です。ホントはもう30年近く前から分岐点に立っていたはずなのですが、日本全体で見てもまだ新しいカタチははっきりと見えていないように感じます。 ただ、その地域の市民生活、市民的利益とあらためて結びつ

​吉野作造記念館 指定管理者 特定非営利活動法人 古川学人
〒989-6105 宮城県大崎市古川福沼1-2-3 TEL(0229)23-7100 FAX(0229)23-4979 MAIL yoshino-npo.fg@blue.ocn.ne.jp
開館時間 9:00-17:00(会場貸出は21:00まで)
休館日 毎週月曜日(但し、祝祭日の場合は翌日が休館日) 年末年始休館 12/29-1/3 臨時休館 6/2、12/1
常設展観覧料 一般320円〔260円〕、高校生220円〔160円〕、小中学生100円〔80円〕
企画展観覧料 一般500円〔400円〕、高校生300円〔200円〕、小中学生200円〔100円〕 ※〔 〕内は20名様以上の場合の団体割引料金
© Copyright Yoshino Sakuzo Memorial Museum