第8回 新規資料の収集・保存

博物館施設の基本的なお仕事として資料収集があります。

恐竜の化石、土器、大昔の農耕器具、戦国武将の甲冑、昆虫の標本、美術作品…と、対象になる資料は施設の性格によってさまざまですが、うちの場合は吉野作造にまつわるもの。特に原稿や手紙など吉野作造直筆の資料は欠かせません。

吉野作造の直筆原稿や手紙は、今でも年に2~3点ほどのペースで新しいものが見つかります。頼りになるのは老舗の古書店の商品目録です。


最近入手したのは、吉野作造の自筆原稿「小弱者の意気―日本と朝鮮との交渉に関する研究の三」、「現今労働運動に対する私の立場」の2つ。「小弱者の…」は1921年(大正10)8月に、「現今労働…」は1922年(大正11)4月に、いずれも雑誌『文化生活』に掲載されました。2つとも『吉野作造選集』(岩波書店)に収録されているよく知られた論説ですが、原稿が出てくるのは初めてです。


資料を入手した後は、下の写真のようなデジタル記録を作ります(コラム用に画像を粗くしています)。デジタル記録の作り方は、施設や資料の性格によって様々ですが、記念館ではこんな感じです。

下は「現今労働運動に対する私の立場」の1枚目。朱字は編集者によるものと思われる書き込み。文中には吉野による校正の跡が見られます。

古い文書は傷みが激しいものもありますが、デジタル記録を作成すれば直接現物に手を触れなくても内容、枚数、大きさなどを確認できるようになります。


デジタル記録を作ったら、資料名・内容・収蔵日・どこから購入したか.などをラベリングし、所蔵資料として登録、保存状態(劣化の程度)などを考えて適当な方法で収蔵庫に保存します。あとは企画展に出したり、研究者の方の閲覧に供したりなどなど…。


記念館の所蔵資料は、『吉野作造記念館所蔵資料目録』で確認できます。ただ、この数年の新規収蔵資料は含まれていませんので、遠からず内容を更新したものを出さなければなりません。そこまでいけばとりあえずゴール…という感じでしょうか。

最新記事

すべて表示

第33回 年の瀬は慌ただしく…

このコラム、3週間空いてしまいました。年末年始ですので、いろいろ込み入っております。 まずはなにはともあれ企画展。 次回企画展「尚志―東北帝国大学と宮城の高等教育―」は年明け1月12日から開催です。 仙台での学生時代の吉野作造や、東北帝国大学、旧制第二高等学校の歴史を紹介します。記念講座、展示解説会など各種関連行事も用意しております。 今回の企画展では、記念館HPの専用フォームから記念講座・展示解

第27回 高校生デモクラシー塾(大崎高校生ミライカイギ)修了/今週のあれこれ

先週の8日(日)に、「大崎高校生ミライカイギ」として開催していた高校生デモクラシー塾(公益財団法人カメイ社会教育振興財団・助成事業)の今年度最終回がありました。 今年度のこの事業は、高校生がそれぞれの関心に沿って自主的に地域や社会に参加することを目標としたスタートアップ講座(全4回)になりました。大崎市内外から18人が参加してくださり、地域の課題を学んだり、自分の興味関心を突き詰めてそれを他の参加

第24回 陶芸体験付きバスツアー「切込焼の歴史と魅力」(ご案内)

新しい事業のご案内です。 最近、資料調査や資料保存のお仕事で、おとなりの加美町に行くことが増えました。その関係のご縁でつながった企画です。バスツアーで加美町の伝統工芸・切込焼(きりごめやき)の里を訪ねます。 切込焼は江戸後期~明治初めまで、現在の加美町で作られていた陶磁器です。歴史的にはまだ分かっていないことも多くいようですが、切込焼記念館の展示では、多くの魅惑的な作品とあわせて最新の調査研究の成

​吉野作造記念館 指定管理者 特定非営利活動法人 古川学人
〒989-6105 宮城県大崎市古川福沼1-2-3 TEL(0229)23-7100 FAX(0229)23-4979 MAIL yoshino-npo.fg@blue.ocn.ne.jp
開館時間 9:00-17:00(会場貸出は21:00まで)
休館日 毎週月曜日(但し、祝祭日の場合は翌日が休館日) 年末年始休館 12/29-1/3 臨時休館 6/2、12/1
常設展観覧料 一般320円〔260円〕、高校生220円〔160円〕、小中学生100円〔80円〕
企画展観覧料 一般500円〔400円〕、高校生300円〔200円〕、小中学生200円〔100円〕 ※〔 〕内は20名様以上の場合の団体割引料金
© Copyright Yoshino Sakuzo Memorial Museum