吉野 作造~大正デモクラシーの旗手~

◆吉野作造の原点

 吉野作造は1878(明治11)年、現在の大崎市古川十日町(旧志田郡大柿村)で、糸や綿を取り扱う商家「吉野屋」の長男として生まれました。

 小学校を卒業後は、仙台の宮城県尋常中学校(今の仙台第一高等学校)、第二高等学校(今の東北大学)へ進学。特に高校時代に出会った、キリスト教の自由と平等を大切にする教えは、吉野の思想の基礎になりました。その後、東京帝国大学(今の東京大学)へと進み、政治学者の道を歩み始めます。

 大学卒業後は教師として中国へ渡り、またヨーロッパへと留学しました。大きく変化しつつある世界をみずから観察した吉野は、社会を動かすためには民衆の力が重要であることを学んだのです。

吉野作造(1917年2月)

◆民本主義~すべての人に選挙権を~

 吉野は1916(大正5)年、雑誌『中央公論』に発表した「憲政の本義を説いて其有終の美を済〈な〉すの途〈みち〉を論ず」という論文で、「民本主義〈みんぽんしゅぎ〉」という言葉を使い、「デモクラシー」つまり民主主義の必要を説きました。

 その頃の日本では、選挙権が多額の税金を納める人に限られていたため、多くの国民は政治に参加できませんでした。これに対して吉野は、政治は国民の幸福のために、国民の意見によって行われなければならないと主張しました。吉野が説いた「民本主義」は、より良い政治を求める国民に広く受け入れられ、1925(大正14)年の普通選挙法制定につながっていきました。

ヨーロッパ留学時代の吉野作造
(1910年頃)

◆互いに支え合い、尊重し合う社会をめざして

 吉野は理論だけではなく、実行の人でした。新聞や雑誌で多くの意見を発表したほか、講演で全国を飛び回りました。また東アジアの親善友好や、経済的に苦しい境遇にある人々を支援するセツルメントなど、政治学者の枠を越えて幅広く活動しました。特に、日本政府と対立していた中国や朝鮮の人びとと盛んに交流し、相互の理解に努めたことは現在でもよく知られています。国や立場の違いを越えて、一人一人が対等な人間として互いを尊敬し、責任を分担して支えあう――それが吉野の思い描いた、民主主義の社会でした。

書斎での吉野作造(1921年11月19日)
吉野作造(1920年頃)

◆現代に生きる吉野作造

 関東大震災の後、大正デモクラシーの自由な空気が次第に影をひそめていく中でも、吉野は人間の進歩、民主主義の進歩を信じていました。そして、長い戦争の時代が迫りつつあった1933(昭和8)年に、55歳で世を去ります。

 その後、日本は民主主義の国となりました。しかし、民主主義を守るとはどういうことでしょうか。吉野は次のように語っています。

  私たちが最も心がけるべきことは、今現在正しいとされることを守り続けることよりも、常により正しいことを追求する向上的な態度をもつことでなければなりません。

 民主主義の担い手であるわたしたちひとりひとりへの呼びかけとして、吉野の言葉は今も色あせることなく、光を放ち続けています。

[改訂版]大正デモクラシーの旗手 吉野作造(2016年)

吉野作造の人生と活動を、全ページカラー、38ページでわかりやすく紹介。

800円(税別)。

1 / 1

Please reload

​吉野作造記念館 指定管理者 特定非営利活動法人 古川学人
〒989-6105 宮城県大崎市古川福沼1-2-3 TEL(0229)23-7100 FAX(0229)23-4979 MAIL yoshino-npo.fg@blue.ocn.ne.jp
開館時間 9:00-17:00(会場貸出は21:00まで)
休館日 毎週月曜日(但し、祝祭日の場合は翌日が休館日) 年末年始休館 12/29-1/3 臨時休館 12/4
常設展観覧料 一般320円〔260円〕、高校生220円〔160円〕、小中学生100円〔80円〕
企画展観覧料 一般500円〔400円〕、高校生300円〔200円〕、小中学生200円〔100円〕 ※〔 〕内は20名様以上の場合の団体割引料金
  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-youtube
© Copyright Yoshino Sakuzo Memorial Museum