吉野作造記念館 電子展覧会 No.1

より詳しく知りたいときはコチラから。

Ⅵ 家族との暮らし

 世論をリードする政治学者として活躍した吉野作造も、家庭では良き夫・良き父でした。旧制高等学校在学中に知り合った小学校教師・阿部たまのと結婚した吉野は、東京で一男六女の子供に恵まれます。中国赴任にたまの夫人と次女・三女を伴うなど政治学者として暮らしが安定するまでは苦労が続きましたが、東京帝国大学教授として暮らし向きが安定してからは、夏休みの家族旅行や子どもを観劇に連れていくなど、忙しい中でも家族との時間を大切にしました。また、子どもたちの自由な人生選択を尊重し、長女はアメリカに留学して女性建築家の草分けに、また次女は父・作造と同じように社会問題に関する文筆業に、六女は新劇の役者になるなど、それぞれの人生選択を暖かく見守りました。

denshi1-A-01.JPG

資料の画像をクリックすると、より詳しい説明が開きます。

​*一部の資料を除く

denshi1-A-02.JPG
denshi1-A-03.JPG
denshi1-A-04.JPG
denshi1-A-05.jpg

・​電子展覧会「写真と遺品資料で見る 宮城・大崎の先人 吉野作造」に掲載する文章・写真の無断転用はご遠慮ください。

​・資料画像の特別利用をご希望の方は、〈所蔵資料に関する問合せをご覧頂いた上、吉野作造記念館にまでご相談ください。